母が他界してしまいました。





先月17日に記事をupしてから、1ヶ月間もブログ更新をしなかったのは、母が入院していた為に奈良の実家へ毎週帰省し、ブログ更新どころではありませんでした。



そして12月12日に、72歳で母は他界してしまいました。ずっと入退院を繰り返していたので、こうなることは予想出来たのですが、私にとって最大の理解者であった母親を失ったとなると、非常に悲しいものがあります。



緩和ケア病棟で治療を受けていたものの、闘病生活は非常に苦しそうでしたので、20年前に交通事故で他界した私の弟と一緒に、安らかに天国で過ごして欲しいと願っています。






ところで話は全く変わりますが、東京に戻るのぞみの車内から富士山が見えたので、タブレットで撮影しました。



そろそろ富士山が見えるはずだがと思っていたところで、前方に発見。










時速300キロ近くで走行している新幹線の車内から富士山を撮影するのって、思った以上に難しいですね。



新幹線は線路の端には鉄柵と電線が張り巡らせられ、また富士山との間の街中も電線だらけ。



また車内から富士山が正面に綺麗に見える時間も5分ほどしかなく、数打ちゃ当たるではありませんが、何枚も撮影したものから、綺麗に撮れたものを選ぶという戦法に出ました。













あまり満足出来るものはありませんでしたが、こんなものかと思ったものだけをチョイスし、upしてみました。




2 comments

  1. そうでしたか。大変でしたね。
    私の母も超後期高齢者となり入退院を繰り返しています。
    ずっと私がみているので、重荷ではあるのですが
    どんな親でも親は親であり、むずかしいところです。
    富士山はやはりいいですね。

    1. >いっぷくさん
      いっぷくさんのところも大変ご苦労されているんですね。
      わたしんちの親父は今は元気ですが、母を亡くし、これから一人暮らしになるので心配しています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*