三菱東京UFJ銀行のQuality Life Clubに入会しました。





メガバンクや信託銀行、地方銀行が大口預金者の囲い込みのために設けている会員制度があります。

例えば・・・



【三菱東京UFJ銀行】  
クオリティライフクラブ (預入資産1,000万円以上。2013年時点の会員数50万人。)


11


【みずほ銀行】     
みずほプレミアムクラブ (預入資産1,000万円以上。)
みずほプレミアムクラブBRILLIANT(預入資産3,000万円以上)


【三井住友銀行】    
なし (SMBCクラブ50sという制度がありましたが、2016年4月30日で廃止されています。)


【三菱UFJ信託銀行】  
エクセレント倶楽部(預入資産1,000万円以上。ゴールド会員・ダイヤモンド会員・プレミアム会員がある。2013年時点の会員数33万人。)


【三井住友信託】    
トラストプレミアムサービス(預入資産300万円以上。シルバーステージ・ゴールドステージ・プラチナステージがある。2013年時点の会員数122万人ですが、これは会員資格が預入資産1,000万円以上の時で、今は基準が300万円以上に下がっていますので、あくまで予想ですが会員数はこれ以上だと思われます。)


【福岡銀行】
グランドマイバンク(55歳以上で預入資産1,000万円以上)



《日本経済新聞朝刊2013年9月4日付記事から》
広がる銀行「会員制」 優遇メリットと条件を比較
信託銀、メニュー手厚く

「ワンランク上のサービスを」などと銘打ったメガバンクや信託銀行の会員制サービスが広がってきた。一定の取引残高を持つ顧客に、預金金利上乗せから旅行や健康などの分野まで多彩なサービスを提供している。そのメリットはどれほどのものなのか。8月下旬、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットを約50人のグループが訪れた。彼らはサーキットの歴史や名勝負をテーマにした講演を聞いた後、表彰台などを見学。バスに乗り込み、レーシングコースの試走も楽しんだ。グループは三菱東京UFJ銀行の「クオリティ・ライフ・クラブ」の会員ら。同クラブはこれまでも大阪市の水族館「海遊館」のバックヤードや日本航空(JAL)の羽田機体整備工場の見学会などを開いた。参加無料だ。

■1000万円超が条件

クラブの入会条件は1店舗の預かり残高が1000万円以上。会員は約50万人いるという。旅行割引や健康のサポートもそろえるが、人気はやはりお金まわり。新規預け入れ300万円以上を対象にした円定期預金の金利0.2%上乗せ(1、2、3カ月物)や、外貨両替店での外貨キャッシュ購入レートの優遇が目玉になっている。信託銀では三菱UFJ信託銀行が「エクセレント倶楽部」(会員数33万人)を、三井住友信託銀行は「ベストクオリティ」(旧中央三井信託系、同22万人)、「アドバンテージサービス」(旧住友信託系、同約100万人)の2つのサービスを持つ。ともに遺言信託手数料割引など信託銀が力を入れるメニューがある。

「エクセレント倶楽部」は取引残高に応じてポイントを付与。提供するサービスは3段階に分かれる。定期預金の金利上乗せ(0.02~0.07%、キャンペーン金利実施時は併用も可)や独自のツアー、健康相談も実施する。

広がる銀行の会員制サービスの有資格者は、お金や時間に余裕があるシニア層が中心だ。長期間取引を続けて資産が積み上がった人もいれば、退職や相続で多額の資金を手にした人もいる。前者には入会条件に近づくと「あと××万円あれば入会できます」といった働き掛けをする銀行もあるようだ。メガ銀は主に顧客のリタイア後のつなぎ留め、年金業務や遺言信託で関係が深まる信託銀では早期囲い込みを狙っている感がある。

銀行によっては専用の部屋やフリーダイヤルがあり、ちょっとしたVIP気分を味わえることも魅力の一つ。「一度サービスを受けると離れにくい。特に年齢が上がると少しぐらいの優遇の差なら他行に移らなくなる」。ファイナンシャルプランナー(FP)の八ツ井慶子氏は、その効果を指摘する。

一方、ベールに包まれているのはみずほ銀行の「みずほプレミアムクラブ」。入会条件は非公開で「取引残高など一定の基準を満たした顧客に案内している」と説明。会員数は数十万人という。

■ペイオフに注意も

各行のメニューは信託銀行がやや手厚い印象。預金金利の上乗せ幅などは各行で差があるが、健康相談や旅行など金融以外のサービスは似通ったものが多い。そのため「多くの人はなじみのある銀行のサービスを選ぶのではないか」とFPの大江英樹氏は指摘する。会員になるために資金を動かす場合も、使い慣れている金融機関を選ぶケースが多そうだ。
もっとも、退職で多額の資金を得たようなケースでは、新たに金融機関を選ぶ必要が生じることがある。その場合、老後を意識した遺言信託や不動産仲介の割引といったメニューが充実した信託銀のサービスに関心を持つ人は多いだろう。

注意すべき点もある。会員サービスは入会やより多くのメニューを利用する条件として、1000万円超の残高を求めるものが多いことだ。一つの銀行に1000万円を超す預金がある場合は、その利息も含めペイオフの保護対象から外れる。会員向けのセミナーに参加すれば金融商品を案内するところも中にはあるだろう。こうした条件に加え、受けられるサービスが必要かどうかをしっかり吟味したい。(土井誠司)




上の記事では1つの銀行に1,000万円超の預金は、ペイオフの保護対象から外れるので注意が必要だと書かれているのですが、この記者さんはお勉強が足りません。


決済性預金、いわゆる「当座預金」や「利息のつかない普通預金」に預けたお金は、1億円だろうが10億円だろうが、全額保護されます。よって「定期預金口座」に1,000万円を預け、それ以外は「利息のつかない普通預金口座」に入れておけば安心です。(資産運用面は度外視していますけど。)


「無利息型普通預金」「普通預金無利息型」「決済用普通預金」「普通預金決済専用型」などと銀行により呼び方が違うそうですが、利息の付かない普通預金は、都市銀行や地方銀行などで扱っていて、個人・法人・マンション管理組合などの各種団体が利用出来るみたいです。



私は三菱東京UFJ銀行の「Quality Life Club」を10月9日に申し込みまして、10月26日に会員証が自宅に届きました。



12


早速、「Quality Life Club」のホームページにログイン。



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-21-20-59



ざっと見たところ、①金融サービス②旅行サービス③健康サービス④ライフ・レジャーサービス のサービスがあります。

使えるサービスはあまり無いような気がします・・・。

金融サービスに関し、日銀のマイナス金利政策の影響で、定期預金の特別金利upのサービスが廃止されてます。


ネット上の情報でしか知りませんが、三菱よりみずほの方がサービスが良さそうです。


調べたところ、みずほの方は、小田急百貨店のロイヤルカードを取得出来たり、高島屋での割引き、日経ビジネスのネットでの無料閲覧が出来るそうですしね。



この会員カードにクレカ機能をつけていただければ、それだけで非常に嬉しいのですが、三菱東京UFJ銀行さん、無理でしょうか?




mm_433965qzur0la2nd

広告




関連記事

イオンゴールドカード(ダイエー優待機能付)のご案内 

本日、ダイエーから郵便物が届きました。 ダイエーが5月末でなくなるため、当然ながら

記事を読む

Mr.Maxで au WALLETを使ってみた。

先ほど、ディスカウントストアーのMr.Maxに行ってきました。 お買い物が終わ

記事を読む

「招待日和」がアメックスゴールドにつきました。

アメックス・ゴールドカードの年会費が、今年、値上げされましたが、同時に新たなサービス

記事を読む

三菱東京UFJ銀行のQuality Life Clubがサービス終了となるそうです。

12月12日に三菱東京UFJ銀行からメールが届きました。 なんだろうと

記事を読む

カードデスクについて

結局、普段の買物はスルガ銀行のVisaデビットカードを利用し、デビットカードが使いにくい

記事を読む

スルガ銀行デビットカード・月額利用料金の支払い②

<前回の続き> スルガ銀行に速攻で電話しましたよ。 といっても、次の日で

記事を読む

ジャパンネット銀行とスルガ銀行のデビットカード

私が持っているジャパンネット銀行(JNB)とスルガ銀行のデビットカードが、どこで利

記事を読む

ニッセンマジカルクラブTカードJCB

最近、クレカに全く興味を示す事がなかった私ですが、今回、ニッセンマジカルクラブTカー

記事を読む

くまモン VIASOカードが届きました。

MUFGプラチナ・アメックスを解約してから、三菱UFJニコスが発行するクレカが無

記事を読む

アメックスのキャンペーン「オンラインショップで1,000円キャッシュバック実施中」

昨日、9月6日からアメックスでキャンペーンを行っていました。 ネットショッ

記事を読む

広告




Comment

  1. ぽる より:

    クオリティライフクラブはサービス終了になるみたいですね。

    • nisisyou36 より:

      >ぽるさん
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよね。
      まだ加入したばかりなので、非常に残念です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

広告




  • 【ブログ主:ふりかけ太郎について】

    大阪生まれ奈良育ち。自宅は福岡、現在は東京で単身赴任中。

    体重を落としなさいと医者から言われてるんですが、食いしん坊でお酒好きなもので・・・。

  • フレンチブルドッグひろば    フレンチブルドッグひろば

  • 私のブログ記事から無断転載 絶対禁止です。



















PAGE TOP ↑